Kanehisa Laboratories

« KEGG » English

KEGG MEDICUS

ヒトゲノム計画を契機としたハイスループット実験技術の進歩と大量データの生産、それに伴う様々なデータベースの整備により、ライフサイエンスの広範な分野で研究の新展開が生まれています。しかしながら、その研究成果は一般社会にまで十分に到達していないのが現状です。我々は KEGG プロジェクトの発展形として、トランスレーショナルバイオインフォマティクスの考え方に基づき、研究者コミュニティには研究成果を社会的価値につなぐためのリソースとして、医療従事者や一般の人々には、病気や薬に関する科学的知識の活用を促進するためのリソースとして KEGG MEDICUS を開発・提供しています。
トランスレーショナルバイオインフォマティクス
対象役割
研究者研究成果(とくに大量データからの)を実社会で活用する
ためのバイオインフォマティクス技術とリソースを提供
個別化医療
医療従事者
一般の人々
医薬品や疾患についての科学的理解を深めるための
バイオインフォマティクスリソースを提供
参加型医療

ゲノムとフェノタイプ・疾患・医薬品の統合データベース

本研究課題は科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター統合化推進プログラムの支援で行われています。 ヒトゲノム、腸内細菌メタゲノム、病原体ゲノムをはじめとしたゲノムの情報と疾患との関連、および医薬品の作用・副作用との関連を知識ベース化し、ゲノム解読と有効利用を促進するための統合リソースの開発を行っています。 とくに個々の遺伝子だけでなく複数の遺伝子から構成された機能モジュール、さらには遺伝子・タンパク質だけでなく化合物等を含めた相互作用ユニットの考え方で、薬剤耐性菌を特徴づける遺伝子変異や遺伝子セット、薬剤応答を特徴づける医薬品の相互作用ユニットのデータベース化を行っています。

KEGG MEDICUS
ゲノムとフェノタイプ・疾患・医薬品の統合リソース
KEGG DISEASE
KEGG Cancer
KEGG Pathogen
KEGG DRUG
KEGG ENVIRON
  medicus   医薬品情報検索
医薬品成分検索
医薬品相互作用チェック
疾患情報検索
KEGG MEDICUSバイオサイエンスデータベースセンター統合化推進プログラムの支援で開発・運用されています。
Kanehisa Laboratories NPO Bioinformatics Japan Pathway Solutions