Kanehisa Laboratories

« KEGG » English

KEGG MEDICUS

1990年代のヒトゲノム計画を契機とした実験技術革新の流れにより、あらゆる生物種でゲノムをはじめとした様々な分子レベルのデータを系統的に計測することが可能となってきました。そこから生命システムの機能を理解し、さらにはヒトの疾患や健康状態を知るために、バイオインフォマティクス技術の必要性がますます高まっています。金久研究室が開発した KEGG データベースは、このようなニーズに対応したもので、ゲノム機能解読の国際標準リソースとして広く利用されています。これをさらに発展させ、以下に示したトランスレーショナルバイオインフォマティクスの考え方に基づき、ゲノム情報を社会で活用するためのリソースとして開発しているのが KEGG MEDICUS です。
トランスレーショナルバイオインフォマティクス
対象役割
研究者ゲノム研究の成果を医療・創薬など実社会で活用する
ためのバイオインフォマティクス技術とリソースを提供
個別化医療
医療従事者
一般の人々
医薬品や疾患についての科学的理解を深めるための
バイオインフォマティクスリソースを提供
参加型医療

KEGG MEDICUS は科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンターの統合化推進プログラムで以下の研究課題の支援を受けて開発・運用されてきました。

ゲノム・疾患・医薬品のネットワークデータベース (2017.4 - 2022.3)
ゲノムの情報から疾患や医薬品に関する知見を得るための新しいデータベースとして、ヒトゲノムのバリエーション (多様性) を生体システムを構成するネットワーク要素のバリエーションとして蓄積した KEGG NETWORK を開発する。KEGG MEDICUS には疾患情報、医薬品情報、ネットワーク情報が統合され、クリニカルシーケンスデータの解釈など、ゲノム情報有効利用のための新たなレファレンスリソースとして提供する。

ゲノムとフェノタイプ・疾患・医薬品の統合データベース (2014.4 - 2017.3)
ヒトゲノム、病原体ゲノム、腸内細菌メタゲノムをはじめとしたゲノムの情報と疾患との関連、および医薬品の作用・副作用との関連を理解するために、個々の遺伝子だけでなく、複数の遺伝子から構成された機能モジュール、さらには遺伝子、タンパク質、環境因子、医薬品等から構成された相互作用ユニットに関する知識をデータベース化し、ゲノム情報を有効利用するための統合データベースリソースを開発する。

ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合 (2011.4 - 2014.3)
ヒトゲノム計画を契機としたハイスループット実験技術の進歩と大量データの生産、それに伴うデータベースの整備により、ライフサイエンス分野の研究は大きく進歩しているが、その恩恵は一般社会にまでは到達していない。そこで本研究開発では、疾患・医薬品・環境物質など社会的ニーズの高いデータを、ゲノム情報を基盤とした生体システム情報として統合し、最先端の研究と一般社会との架け橋となる統合データベース構築を行う。
Kanehisa Laboratories NPO Bioinformatics Japan Pathway Solutions